page_header_58.jpg
logo_dp_black.png

Industry 4.0, Smart Factory

最終的にプラント全体で大幅なコスト削減を実現することが、BTGの目指しているSmart Factory、Industry 4.0です。

digital.png

BTGが目指している

Smart FactoryとIndustry 4.0とは

プラント内のプロセスを最適化し操業効率を最大化するためには、全ての情報を統合化・可視化させ、『データの持つ可能性』を最大限に引き出す必要があります。最終的にプラント全体で大幅なコスト削減を実現することが、BTGの目指しているSmart Factory、Industry 4.0です。

データの統合化・一元化

dataPARCは、プラント内に独立して混在する様々なシステム(DCS、PLC、LIMS、QC、MESなど)の情報を集約・統合化します。それによって、異なるプロセスの相関関係(原料と品質、工程と仕上げ率)の分析が可能となり、異常製品の原因追及や標準化が実現できます。

system.png
factories.png

​拡張性・コストメリット

dataPARCは抜群の拡張性を持ち、本社・工場間のシステムをすべて統合し、会社内データの可視化にも活用できます。

データに基づいた対応

dataPARCの導入によってデータに基づいた改善・コストダウン活動などが可能になり、経営の戦略的な判断も容易になります。

troubleshooting.png
flexibility.png

作業を​自動に(RPA)

レポート・メールの自動作成、指定された時間又は異常時に送信することが可能です。

無駄な作業を自動化することによって仕事の効率化を実現できます。

エネルギーマネジメント

dataPARCはエネルギーマネジメントシステム(EnMS​)としエネルギーを管理し、継続的改善を図ることを目的として活用します。

iso-actu-500x210-1.png